インサイドキックの基本

サッカーの試合で最も使用頻度があるのがインサイドキックです。インサイドキックは、足の内側の面で蹴るため、とても正確なボールを蹴ることができます。練習をたくさんして基本のフォームを身につけ、軸足に対して蹴り足の内側を直角にして足を振ることが重要になります。くるぶしの下の広い面でサッカーボールをしっかり捉えることが重要です。蹴るときは、上半身がおきないようにボールを蹴る瞬間まで見続けるようにしましょう。

練習方法

蹴る前はサッカーボールをしっかり見ることに集中します。軸足のつま先を蹴りたい方向に向けてサッカーボールの横に置きます。蹴り足の内側の面を、軸足に対して直角にして足をふります。ボールをよくみてからしっかりとインパクトします。フォロースルーもしっかりと行いましょう。

 

この練習はかなり大切な練習になりますので、体が覚えるまでしっかりと練習をおこないましょう。毎日毎日練習を重ねることによって自然と試合中にいかせてくるものになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です