山菜料理をみんなで味わい大満足

みんなで山菜の話をしていると食べたくなってきたので5月中旬頃に、かやぶきの宿に行ってきました。ここは何度か来ているので到着したとたんにとりあえず、ゴロゴロしながら世間話をしてからお風呂に入って夕食をいただきました。夕食は、山菜料理がずらっとならんで皆で「山のごちそう!」って喜びながらいただきました。まずは、天ぷらですが、コシアブラ・山ウド・モミジガサ・コゴミを塩でいただきました。どれも新鮮で都会ではいただくことができない味でした。コシアブラという山菜は初めていただきましたが、香りがものすごく、味も食べた後に少し苦みがくるような大人の味で美味しいです。山ウドの香りは、ものすごく強くおいしいです。これって天然ものだから出る味と香りだと思います。コシアブラの酢味噌和えもクセになるような味でした。ワラビのお浸しも太くてモチモチしていて美味しい。お酒もすすみ、コシアブラの天ぷらがまた食べたくなったのでおかわりをお願いいたしました。山菜採りの話をしていただくと、山菜ってそれぞれが違った場所にあるため、いろいろな種類を集めてくるのは1日がかりになるそうです。また、山で出会った動物たちのお話も楽しく、とても良い一夜を過ごすことができました。古民家で過ごすとストレスもとれて満足のいく旅行となりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です