足裏を使ったボールのコントロール

サッカーの試合中に、DFを背負ったFWがパスを受けるときに有効で、これを使うと次のプレーに移行しやすいです。浮いたボールをショートバウンドで足下にコントロールするときにも有効です。サッカーボールが転がってきたらボールに対して足裏を向けます。つま先を上げて足裏を斜めにして、足でボールをキャッチするような感じで行います。止めたボールをそのまま足裏で前に押し出します。次の動作に移行しましょう。二人一組になって相手に蹴ってもらって練習しましょう。慣れてきたらボールのスピードをあげてもらって練習しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です