足裏で止めたボールを転がす

足裏で止めたボールをそのまま足裏で転がす練習をしましょう。サッカーボールが転がってきたらボールを確認し、ヒザを外側に向けて、外側から内側へ足を回すようなイメージで行います。つま先を上げて正確にコントロールし、足裏をボールに乗せたまま軸足方向に転がします。上体をやや軸足側に傾けるようにします。次のプレーの動作にはいり、左足のインサイドキックで味方にパスを返します。最初は、基本に忠実にボールを止め、その状態からボールを左右に転がします。慣れてきたらコントロール時に足を右から回すようにして、止める動作と転がす動作を連動させます。最初から、止めると転がすの動作をスムーズに行おうとすると、コントールが雑になってしまいますので、しっかりとボールを止めてからボールを転がす練習をおこなってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です