高く浮いたサッカーボールを胸でコントロール

高く浮いてきたサッカーボールを止めるときに有効なのが、胸を使ってボールをコントロールすることです。地面にボールを落とさずパスやシュートに持込むことで相手にボールを奪われるリスクが少なくなります。手順は、落下してくるサッカーボールをよく見ます。胸の中央にボールを乗せるイメージで止めます。膝を曲げて状態を反らすとボールの勢いを吸収できます。ボールが落下する段階で次のプレーの準備に入ります。ボールを止める場所は、胸の中央部分で、アゴにボールが当たらない程度の場所がベストになります。ボールを止める場所が下過ぎるとうまく目の前にコントロールできないので注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です