胸をつかって素早く地面にボールを落とす

浮いたサッカーボールを胸でコントロールして素早く地面に落とす練習をマスターしよう。ボールを目の前に浮かせてコントロールするよりも、地面に落とした方が、素早く次のプレーに移行することができます。これは、何回も何回も練習して必ずものにするようにしてください。

ボールを見ながら動作準備をします。ヒザを少し曲げつつ、両腕を少し広げます。上体を左にひねりながら胸の右で受けます。上体でボールを下に落とすようなイメージを持ちます。次のプレーをイメージして素早く動きます。

これが素早くできると、足下にボールを落として、すぐにドリブルにもっていくことができます。ボールを当てる場所は、胸の右か左の肩に近い部分になります。右側で止めた場合は左足下に、左側の場合は、右足下にコントロールしやすいはずです。コントロールの瞬間に上体をひねるようにすることも重要になりますので、しっかりと練習をしてください。何回も練習することによって、だんだんコツがつかめてきますので、たくさん練習してください。最初は、相手にボールを投げてもらって練習をし、慣れてきたら、今度は相手にボールを蹴ってもらって、それを胸でコントロールしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です