インサイドキックの練習をしよう

インサイドキックを覚えると、地面に置かれたボールだけでなく、浮いたボールを蹴る時にも有効になります。試合中に正確性を重視したパスやシュートに使えるキックになります。

まず、2人で向かい合い、蹴りたい方向に軸足を向けてキックします。ボールのコースを見定めて軸足の位置を決めます。ボールが軸足の横に転がっていくタイミングを見計います。一度止めてから返しても止めずにそのまま返しても良いです。蹴り終わったあとも、蹴り足の角度を確認します。慣れたら左右の足で交互にキックします。

 

インサイドでしっかりインパクトすると蹴りたい方向にボールが飛びます。このとき、蹴り足の足首をしっかり固定していないと、ボールはまっすぐ飛ばないので注意してください。慣れてきたら、高さを設定するバーを使って、ボールを地面にしっかり転がすインサイドキックを覚えよう。これも慣れてきたらワンバウンドでバーの上を越すボールをインサイドで蹴る練習をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です