この時期、ぴったりの猪鍋をいただく

友人と食べ物の話をしていたら、ジビエ料理が食べたいという話になりました。その中でも、猪鍋が食べたくなったので、食べに行くことにしました。猪鍋と言ったら、毎年、お世話になっている、秩父の民宿さんのお鍋が食べたいので、早速、電話して予約をとりました。宿につくと、「おひさしぶり~」ってな感じで、日常会話を少ししてお互いに笑いました。鍋がでてきたので、フタを開けてみると、とても綺麗なお肉の花になっております。花の種類でいうとボタンのような感じです。美しい鍋なので、写真をとってから煮込みました。しばらくすると、美味しそうな味噌の香りがしてきてたまりません。お肉の色もよくなってきて、野菜もしずんで来たので、友人と分けあって食べてみます。美味しい!肉のクセもなく、味噌が自家製になっているので、ものすごく美味しいです。とても美味しいのであっという間に、具はなくなったので、ここへご飯を入れて、おじやにして食べてみると、これも美味しい!お腹がいっぱいになったので、少し休憩してから、宿の人とお話をして帰りました。こんなに美味しいなら、今度は、他の人たちも誘って来ようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です