男子と練習試合をおこないました

選手たちにもとても良い経験ができると思い、男子のチームにお願いして、練習試合をおこないました。男子と試合をおこなうと、圧倒的に女子が弱いですが、それでもみんな必死にボールにくらいつき、試合が終わるまでには、なんとか1点をとることに成功しました。試合は、6-1で負けましたが、1点を入れられた男子は、そうとう悔しがっておりました。負けた女子は、スピードとテクニックの差があったことがわかり、とても良い経験ができたと言っており、明日からもっと鍛えて、次回は、3点くらいはとれるように頑張ると言っておりました。こういった力の差がある試合をおこなうと、負けた方は悔しくて泣くケースもありますが、それでは、駄目なんです。良い経験と思い、何故、負けたのか?どうしたら勝てるのか?ということを仲間で話し合うことがとても重要になります。失敗したことをずっと引きずるのではなく、それを修正し、次の自分につなげることがとても大切なのです。今回は、みんな、それを理解していたので、とてもよい試合の経験ができたと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です